鉄道車両自体に興味や知識はあまりありません。写真を見た人がそこへ行ってみたいと思うような「鉄道風景写真」を目指しています。


by FITPHOTO

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

フォロー中のブログ

Digital 四季彩感...
ケン坊の播但線通信2017
PTT+.

カテゴリ

全体
樽見鉄道
北びわこ号
北条鉄道
播但線
京都丹後鉄道
近江鉄道
ドクターイエロー
新幹線
和歌山電鐵
関西本線
阪堺線
叡山電鉄
嵯峨野観光鉄道
小湊鉄道
いすみ鉄道
日本海
湖西線
サロンカーなにわ
紀勢線
参宮線
姫新線
その他
湖西線
近畿日本鉄道
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月

最新のコメント

> panzyさん こ..
by FITPHOTO at 09:12
初めましてpanzyと申..
by panzy at 22:00
> yurutetury..
by FITPHOTO at 13:37
fitphotoさんおは..
by yuruteturyojyou at 05:06
おめでとうございます! ..
by モリタ at 00:00
モリタさんへ わざわざ..
by 管理人のFITです at 00:00
先日、ブラウザスピード比..
by C葉 at 00:00
C葉様 わざわざコメン..
by 管理人のFITです at 00:00
私も土日と両日行ってきま..
by モリタ at 00:00
モリタさんへ そうでし..
by fit at 00:00

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

鉄道・飛行機
カメラ

画像一覧

ヒマワリ咲く姫新線に夏を感じて~2017年7月8日~


約半年ぶりの撮影です。
今年は桜の撮影も結局しないまま、すっかり夏になってしまいました。(汗)

今回は一昨年に行って良い写真が撮れた姫新線の宝蔵寺(佐用町)です。
当初は次週に行く予定でしたが、情報により今週末が見頃とのことで急遽、行くことに決定!
ただ、この場所は列車の本数が非常に少ないので、上下2本の間隔が短い
時間帯を狙って(蒸し暑い中延々待つのは嫌なので)昼前の出発です。

約2時間弱で現地到着。協力金200円を払って駐車場へ、ほぼ満車です。
車から降りるとすぐに眼鏡が曇るほどの湿気!さっきまでにわか雨が
降っていたようでめちゃくちゃ蒸し暑いです。
そんな中、駐車場から重い三脚とカメラバッグを両肩に担いて撮影場所まで
行くだけで全身汗だくでシャワーを浴びたようです。。。

カップル、家族連れ、カメラ女子等々色々な人で結構な人です。
ただ、列車を狙っているのは僕を含め、おっさん3人という状況(笑)
今年は、幸いにも線路近くにヒマワリがあるため、撮影はしやすそうです。ただ、少し花が小さい?
近くに踏切があり観光客の車が良く停止するので、構図はそれを入れないように
工夫して、反対方向行きの列車で試し撮り。その後本番で撮影したのがこれ↓


e0358678_12253519.jpg


後ろの電柱が煩いですが、一旦決めた場所から動く気にもなれず、そのまま撮影しました。
構図はありきたりになってしまいましたが、前回は列車をぼかしたので
今回は列車にピントを合わせてヒマワリのボケ具合だけ絞りで調整しました。

帰りの中国道の渋滞を避けるため、ヒマワリの花を買って早々に帰路へ
約2時間で自宅へ。花を飾って一気に部屋が明るくなりました。

[PR]
# by FITPHOTO | 2017-07-10 12:30 | 姫新線 | Comments(0)

大雪の播但線に理想の冬景色を求めて~2017年2月12日 ⑤


最後に向かうは以前から気になっていた淵地区にあるポイントです。
ここは道も険しくなく行きやすいので、お気に入りの場所なんですが
いつもより少し移動するだけでまたちょっと違う感じで撮影できそうです。

もう少し現地が近ければしょっちゅう行って、自分の足でうろうろして撮影ポイントを見つけたいのですが
高速走って2時間近く掛けて行く為、たまにしか行けないので
事前にネットの情報を参考に準備をして、失敗しないようにせざるを得ないのが実情ですが。


e0358678_16133021.jpg


ファインダーを覗きながらよく見ると、2両連結でしかも「竹田城跡号?」との変わった編成。
ひょっとしたら始発列車の運休が影響しての2両連結なのかもしれませんが詳細は不明です。
この写真ではよく見えませんが、2両とも屋根には恐ろしい程の雪を積んでいました。
まるで丸い屋根のように見事なドーム型に雪が積もっています。
先頭車両は真っ白で2両目は何故か黒く汚れた雪がのっています。

この頃には路面の雪もすっかり溶けていて、寺前周辺では雪はすっかり無くなっていました。
これにて本日の撮影は終了。
帰り道、神崎南ICは依然雪の影響で閉鎖中、市川まで下道で行きます。
帰路もまだ昼前なので混雑もなくスムーズ。帰宅後は寝不足と寒い所でずっと立っていた疲れで
バタンキューで久々に少し昼寝をしてしまいました。
しかし、今回の撮影は長年の悲願だった大雪の播但線を撮影できて、久々に大満足の撮影となりました。003.gif

次はいつ、どこへ行けるかな?

[PR]
# by FITPHOTO | 2017-02-18 17:35 | 播但線 | Comments(0)

大雪の播但線に理想の冬景色を求めて~2017年2月12日 ④


次の列車までは時間があるため移動します。
次は長谷駅近くで以前桜の季節に撮影したポイントです。
ここは、人の暮らしの気配も感じられながら山や川という自然も一緒に入るので
お気に入りのポイントです。何より行きやすく車を停める場所もあるので。

到着すると、すでに先客がおられました。こちらも準備をし始めると雪が激しく降ってきたので
三脚だけ置いて列車が来るまででしばらく車内へ避難です。
あまり降り過ぎると列車が見えなくなりそうです。。。

列車が通過する直前には雪もやみ、晴れ間も出てきました。058.gif
そして撮影したのがこれ↓


e0358678_16131210.jpg


e0358678_16132343.jpg


家の屋根、山の木々、河原の石などに雪が着いている写真が撮りたかったので、バッチリです。
小さいですが、川沿いを歩いている人も見えます。
ここは、明るい雰囲気で撮影したかったので晴れてきてくれて本当最高です。
良い感じで撮れました。

[PR]
# by FITPHOTO | 2017-02-17 18:08 | 播但線 | Comments(0)

大雪の播但線に理想の冬景色を求めて~2017年2月12日 ③


次の列車まで雪道を移動するには時間が無いので、このままここで撮影することに。
ホームには寒さを防ぐ待合室があるので入ってみますが、特に暖房があるわけではありません。
ただ、JRの運行情報を表示するモニターがあったので見てみると、本日は「はまかぜ」全休!
やはり!と思いながら情報発表日時に目をやると前日には発表されていたとのこと。
まだまだ、情報収集が足りません。。。_| ̄|○

気を取り直して次の列車を撮影します。
こちら側は背景が少しうるさいので、ちょっと窮屈な構図ですが

e0358678_14224363.jpg



先程と同様に、ホームの停車時間を利用して反対側まで急ぎ足で歩いて再び撮影。

e0358678_14163710.jpg



e0358678_14164734.jpg


[PR]
# by FITPHOTO | 2017-02-16 18:00 | 播但線 | Comments(0)

大雪の播但線に理想の冬景色を求めて~2017年2月12日 ②


今日はなるべく今まで撮影した事が無い場所へ行こうときめていたため、次は長谷駅へ。
途中、除雪のされていない川沿いの道を新雪をかき分けながら(?)進んで行きます。
途中にある橋梁は過去に撮影したことがあるため、今日はパス。
県道に出ると除雪はされていますが、路面はシャーベット状で少し凍っています。

慎重に長谷駅まで進み、バスの転回に邪魔にならない所へ駐車。
丁度はまかぜが通過する時間が迫っています。ホームへ上がると両端には新雪が10センチ程ホームに。
ホーム端でカメラを構えて到着を待ちますが、又々来ません!
そうこうしているうちに反対の列車が来るアナウンスが。。。
急いで反対の端に移動し撮影したのがこれ↓

e0358678_16120299.jpg


e0358678_16121047.jpg


前面に雪が着いていて良い感じです。北欧のような感じにも見えます(行ったこと無いけど)。
雪の日に撮りたかった風景、第二弾撮影成功です!003.gif

駅で撮影することはほとんど無いので、今まで気付かなかったのですが、列車が停車しているので後追いで
撮影することも可能だと思いつき、すぐに新雪をかき分けてホームの反対側まで。
本数の少ない中ですので、後追いも撮影です。

e0358678_16121926.jpg


e0358678_16122866.jpg

[PR]
# by FITPHOTO | 2017-02-15 18:00 | 播但線 | Comments(0)